2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
    

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.09.19 (Mon)

引退補助犬の話

実はですね、9月5日、僕のブログにある人物からコメントをいただきまして、でもそのコメントは

  このコメントは管理人のみ閲覧できます

になっていたので、一体誰からだろ?と思って読んでみたら・・・いや、まあ先にその時のコメントを読んでいただきましょう。


> 引退補助犬を支援しています「日本サービスドッグ協会」では、ここ数年(昨年を除く)チャリティーカレンダーを販売していました。
>
> 今年は震災の影響で、寄付・募金が少なく、スタッフもボランティアも例年以上に力を入れています。
>
> もし興味があるようでしたらご購入、また、まわりの方にお知らせいただけると、大変ありがたく存じます。
>
> 日本サービスドッグ協会HP トップページ
> http://www.servicedog.or.jp/
>
> ブログ
> http://jsda.blog64.fc2.com/
>
> 決して、決して、強制ではありませんので、そこのところよろしく!!


・・・というわけなんですよ。

実はこれ、僕の姉です。

大阪にいる4つ年上の姉で、今読んでいただいたようなことをしてるんですよ。

でも、最初からこれではなく、初めはパピーウォーカーをやってたんです。

パピーウォーカーの役割
http://www.moudouken.net/volunteer/article.php?id=105

うちの姉のもとでパピー時代を過ごし、その後厳しい訓練を経て、盲導犬になって目の不自由な方のため立派に働いたワンコもいます。

でも、盲導犬・介助犬・聴導犬というのは、いつまでもできません。いつか引退します。

生まれたときからずっと人のために生き、そして時期が来て引退する・・・その後の補助犬たちがどうなっちゃうのか、あまり知られていません。

僕の姉は、今はパピーウォーカーではなく、そんな引退犬たちと暮らしています。

パピーウォーカーはとても大変なボランティアです。

パピーウォーカーは、盲導犬候補の子犬を約10ヵ月間、家族の一員として迎えていただくボランティアです。この時期、子犬の「社会化」が重要なポイントとなります。電車や車の音、雨や雪、人混みなど、人間社会で様々な経験をするために、色々な場所に一緒にでかけ、人間と生活する喜びを経験します。たまにはいたずらもするけれど、子犬は家族と共に様々な経験や出会いをする中で、社会や家庭の中で暮らすためのルールを学んでゆきます。その過程で、人間に対する親しみと信頼感が築かれ、将来目の不自由な方との生活がスムーズに送れるようになるのです。
人間社会の中での良きパートナーとなれるように、スタッフの指示のもと、パピーたちに様々なことを教えていただきます。(日本盲導犬協会ホームページより)

けど正直言って、パピーはかわいい。いろいろ覚える。トイレも完璧。病気もない(ないようにしなくてはならない)。そして、時期が来たら、希望を持って次に行くところがある。

対して引退犬は、大きい、のろい、オムツをしている、年寄りだ。
そして、次に行くところは・・・わかっている。

僕はなんで姉がそんなことを始めたのか、訊ねたことはありません。

知ってしまったから?

そうかもしれません。

僕がひとつ思ったのは「なんでそんなことしてるのか?」という質問を、補助犬たちにしてみたらなんて答えるだろう?・・・ということ。

補助犬たちも姉も、もしかしたら答えが同じかもしれない・・・そう思いました。



ちょっと話し過ぎました。

ここに、姉のコメントを貼りましたのは、チャリティーカレンダーでご協力いただける方がおられたら、是非お願いしたいと思ったからです。

もちろん、まず先にcatnapのカレンダーを是非是非ご協力いただかなければなりません。

そんな中、ここでこのようなお願いをするのに、姉も躊躇したのでしょう。だから「管理人のみ・・・」にしたのだと思います。

今日も、盲導犬・介助犬・聴導犬を待っている人たちがたくさんいます。

人のお手伝いをするために、今日も厳しい訓練を受けているワンコたちがいます。

そして、役目を終えて引退するワンコたちがいます。


ご協力いただけたら幸いです。
23:06  |  トト  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)

Comment

悲しい

でも犬も生きているんですよ・・
のろいとか関係なく
そう思うと悲しいし、無念です
京ちゃん |  2011.09.20(火) 21:16 | URL |  【編集】

京ちゃん様

僕が
>対して引退犬は、大きい、のろい、オムツをしている、年寄りだ。
>そして、次に行くところは・・・わかっている。

・・・ってわかりにくい言い方しちゃったから悲しくなっちゃったのかな。

ゴメンゴメン。

次に行くところは・・・って言っても、殺処分されるようなところに連れて行かれるって意味じゃないよ。

人のために一生懸命生きて、引退してからは天国へ行く日までゆっくりと過ごす・・・という意味で書いたんだけど、わかりにくかったね。

僕のお姉ちゃんは、人のために一生懸命してくれた、そんな引退犬にとっての最後の日が来るまで一緒に暮らす、そんなボランティアをしてるんだ。

最後の日は必ず来る・・・必ず悲しい思いをする・・・そんなことがわかってても誰かがやらなければならないことなんだ。

自分のお姉ちゃんのことだけど、偉いなぁと思っているんだよ。
けいせつ |  2011.09.20(火) 22:22 | URL |  【編集】

昔、パピーウォーカーという制度があることを知ったとき、なんてステキなボランティアだろうと思いました。
わんこが大好きだったから、そのボランティアをやりたい!と思いましたが、すでにわんこと一緒に暮らしていたため、諦めました。
その後は実家を出てしまったので、家族という環境が必要なパピーウォーカーにはなれませんでした。

引退犬を看取るというボランティアがあるのも知っていました。でも私のような一人暮らしでは何かあった時に側にいてあげれませんし、お留守番も可哀想です。

両親に、こういうボランティアがあるけど、と打診してみましたが、動物が好きだけどもう死別する寂しさはつらすぎるということでした。

いつか私が老いて残りの人生をゆっくりと過ごせる時間が出来た時に、こういう形でわんこと暮らして行けたらと思っています。

すいません、長々と。
でもちょっとツボな話題だったので。
いろんな形のボランティアがありますよね。
お姉様も素晴らしい活動をされていますね。尊敬します。
はっぴー |  2011.09.21(水) 00:20 | URL |  【編集】

ある日地下鉄のホームで盲導犬と遭遇しました。
同じドアから乗車し、盲導犬のオーナーさんのお隣に
座りました。
すると、その盲導犬は突然私の膝にあごを乗せてきました。
びっくりしました。
その盲導犬と目があったとき「ボクがんばってるんだよ」と
言っているような気がして、「いい子だね、がんばれ」と
心の中で話しかけました。
とても凛々しい顔をしたラブラドールでした。
ハーネスの動きからオーナーさんは異変に気が付き
「ごめんなさい」と言って盲導犬を足元に呼び寄せました。
ほんとはよしよししたかったけど、お仕事中は触ってはいけないという
ルールがあります。
ほんと数秒の出来事でしたが、とても印象深く・・・。

それから盲導犬の事が気になってスーパーの募金箱に寄付したり
ネットでいろいろな情報を見たり。
盲導犬協会ではいろいろなボランティアを募集していますよね。
パピー犬、ブリーディング犬(母犬&子犬飼育)、老犬のお世話など。
環境が整えばいつかそんなボランティアをしたいと考えています。

あ~大変だ!
今年は購入するカレンダーがいっぱいだぁ!
部屋の数が足りない。。

けいせつさんのお姉さまの活動、盲導犬、介助犬、聴導犬の活躍
微力ながら応援したいと思います。

長々失礼しました~i-201

台風接近、皆さま気をつけて~!!
ずっきー |  2011.09.21(水) 12:33 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
- |  2011.09.21(水) 12:40 |  |  【編集】

はっぴー様

>いろんな形のボランティアがありますよね。

ホントその通りですね。

形は違ってもそのどれもが願いは同じ。

僕は、はっぴーさんをはじめcatnapの皆さんの活動、本当に敬服しています。

小さな命を救っただけと違います。

うちは家族全員が救われました。

特に、僕は生き返りました。

でも本当は、はっぴーさんがおっしゃるように、catnapの活動が不要になる世の中に早くなると良いですね。

命をなんとも思わないバカが一人残らずいなくなってしまえば、盲導犬は増えるのかもしれない。

サービスドッグの方はむしろ増えた方がいいボランティアですからね。
けいせつ |  2011.09.21(水) 13:04 | URL |  【編集】

ずっきー様

> あ~大変だ!
> 今年は購入するカレンダーがいっぱいだぁ!
> 部屋の数が足りない。。

そりゃ大変だ。まず先に部屋を増築しなければ (^∇^)アハハハハ!

いやいや冗談はともかく

ありがとうございます。

気に留めていただけただけでも、姉には十分うれしいはずです。


ずっきーさん、ホントにありがとうございます。
けいせつ |  2011.09.21(水) 13:23 | URL |  【編集】

あれぇ?なんで?

うわぁ、お久しぶりです。

カレンダーのご協力、ありがとうございました。

でも、なんで? なんで匿名希望さん?

ああ、最近のそのエピソードが・・・それは大変でしたね。

でも人のできることには限界があります。

僕も自らの無力ぶりに絶望することばかりですよ。

でも、やれることをやっていきましょ。

そうしましょうよ。

>そして盲導犬のように、人間のために頑張ってくれた犬には
>引退後は人間によって暖かい毎日を過ごして欲しいです。

ホントです。ホントですね。


けいせつ |  2011.09.21(水) 13:37 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gooddogtoto.blog22.fc2.com/tb.php/101-882975f9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。