2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
    

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2015.06.12 (Fri)

11日でした

今月も11日に行ってきました。


最近また「けいせつ基金」経由で来てくださる方も増えているようですので、再度お話ししておきます。

上のは東日本大震災の義援金です。

毎月11日に郵便局から欠かさず続けていますが、これは「震災地を忘れていないぞ」というアピールで続けています。

これからも毎年、3月11日にはテレビで特集を組むことでしょう。

年に一度のその日は、皆あの震災を思い出すのだと思います。

だけど、残りの364日はもう何事もなかったかのように暮らせている僕ら。

一方で、今もなお仮設住宅に暮らしている人たちもいる。

関東に暮らしている僕らの電力を作ってくれてた福島の人たち。

その人たちはまだ震災真っ最中にいる。

東北の人たちが、震災直後から言っていた不安
「どんどん忘れられていく…」

だから

「いや、僕らは忘れてないぞ!」

「元気になった順に立ち上がりはするけど、東北の人たちが力強く立ち上がり、もう大丈夫…と言うまでは、決して東北を忘れないぞ!」

そう東北の人たちに表現したいのです。
アピールしたいのです。

だから、こっそりするのはやめておきました。

「今月もいってきたよ!」
と毎月報告するのは、そのためです。




11日には、山梨県の多頭崩壊問題に尽力くださっている小林さんと、帝京科学大学のサークルにも、少々支援させていただいてます。

これを始めたのは震災の後でしたが、
「同じ日にしとけば忘れないだろう」
と深く考えずに、こちらも11日にすることに決めました。

小林さんの誕生日が3月11日だったことを後で知って、ビックリしたなあ、もう(^^;;

山梨の多頭問題も同様…

いや、忘れられ度で言ったら、東北の何倍もの勢いで忘れられる危機に立っていました。

一時はテレビや新聞等のマスコミにも随分騒がれたと聞いています。

たくさんのボランティア団体も関わったと聞いています。

しかし、僕が知った頃には、高齢になられた小林さんがたった一人…夏暑く、冬雪深く、熊まで出てくる山奥で寝泊まりし、犬の面倒を見てくださっていました。

電気もガスも水道もない暮らしです。

帝京科学大学の学生さんたちのサポート無しには、決して成り立たないことでした。

あの学生さんたちは本当によくやっています。

しかし、もはやマスコミが注目することありません。

そんな中、日本大学芸術学部の学生さんが、卒業制作に残してくれたことには、本当に感謝しました。

http://youtu.be/48w2cf_mOvw

だからこちらも「忘れてないぞアピール」です。

ただ、おかげ様で山梨の問題は、いよいよ終焉を迎えようとしています。

今は現場には3匹。
預かり中が3匹。

かつては約400匹とも言われたワンコの数は、気付けばうちの屋上と変わらない水準まできました。

高齢のワンコが多いですから、訃報もありました。

しかしここ近年は、亡くなる数に負けないほど、里親さんとのご縁を繋げることができました。

小林さんと学生さんたちのご苦労の賜物です。


19:00  |  山梨  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gooddogtoto.blog22.fc2.com/tb.php/1037-61bf62c1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。