2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月
    

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2015.07.08 (Wed)

千葉県動物愛護センター(2)

ここはYouTube等の動画でもよく見る、数字のついた部屋です。


かつては部屋についてる数字は、そのまま命のカウントダウンになっていて



どんどん移動して最終部屋に入ってしまうと


次は殺処分…ということだったそうですが


今は、部屋の順番にそのような意味はもたせていないそうです。



ここからは別の部屋へ行き、ちばわんさんの「センターレポート」を体験させていただきました。


今から一匹一匹出して、健康状態をチェックし、人馴れ具合を確認し、抱っこできる子は抱っこして、体重を確認し、写真を撮って、レポートをまとめます。




お腹が大きいまま、捨てられたのでしょうか


これは倅(^^;;


















お腹を出して甘える子もたくさんいました。






















この一匹一匹のレポートをまとめている人は、オカンさんだけではないのです。

何人もが手分けをして、同じ時間に色んな部屋で、丁寧なレポートをまとめています。

その様子は「ちばわん 愛護センター・レポート」という専用ブログに詳しくでています。
http://centrerep.exblog.jp

「6/30センターレポート」というタイトルで、なんと!

パート1からパート5まであります。

僕はこのパート3にご一緒していたわけで、僕が見たのはほんの一部だったというわけです。

僕は、このレポートを見て驚いて
「これを毎月やっているのですか?」
と質問し、
「毎週です」
とのお返事に、またもや驚かされたわけです。

しかも、この日も来ておられた副代表さん。
こちらの副代表さんは、毎週欠かさずこのセンターレポートに来ておられるそうです。

凄すぎる…

心に突き刺さるものがたくさんあった1日でした。

けいせつ基金や保護活動に対する僕の考え方は、間違いなく変化が生じると思います。相当大きな影響を受けました。

僕にできることを考えながら、頑張っていこうと思います。

副代表さん、オカンさん、ちばわんスタッフの皆さん

本当にありがとうございました。
00:17  |  動物愛護センター  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)

Comment

ちばわんレポート見てきました。
凄いですね(@_@)
毎週訪問してわんこをチェックしレポートをまとめる。
それを何年も継続してって本当に凄いです。

わんこ達も訪問を楽しみにしてて、その様子を外部に発信するって見た事無かったですし悲しい面を前に出す訪問の記事とは全然違いますね。

それにしてもどの子も可愛い子ですね。
悪いのは人間だけれどその人間を救うのも人間。
センターの存在意義が良い方向に向かっているのも沢山の人の思いなんですね。


kozakura |  2015.07.08(水) 09:01 | URL |  【編集】

千葉県富里の愛護センターはどこの愛護センターも一緒でしょうが、エアコンもなく犬たちは小さいケージには入れられ可哀想な状況です。
犬たちの悲しい声が外まで響いてます。

イギリスなどの苦しみのない安楽死とは違い、ガスで苦しんでの殺処分の犬猫数は千葉だけで5000匹以上。
社会問題は山積みでしょうが、行政でも先ずは苦しみのない安楽死を進めてほしいです。

けいせつ基金に感動しました。
私も出来ること行動に移さねば!
皆さんの活動、元気が出ます。
ありがとうございます。
物言えぬ動物達 |  2015.07.08(水) 12:04 | URL |  【編集】

大変な作業でしたね
おつかれさまでした
私もちばワンさんのレポート
見てきました
他の方のコメント通り
これは素晴らしい協働ですね
センターの方の活動を
民間の方が細かく発信していて
皆さんの優しい想いが
よく伝わります
たくさんのご縁が繋がるよう
応援しています
細君 |  2015.07.08(水) 19:40 | URL |  【編集】

kozakura様

kozakuraさんも感じましたか。

センターの中の様子を伝えるのって、ネガティヴなものになりやすいんだけど

ちばわんさんのスタンスはちょっと違いますよね。

ほぼ初対面の人たちだったからというのもありますが、ちばわんのボランティアの人なのか、センターの職員さんなのか、僕には見分けがつきませんでした。

ボランティア団体とセンターと理想的な形を見たような気がしました。
けいせつ |  2015.07.09(木) 00:37 | URL |  【編集】

物言えぬ動物達様

恥ずかしながら、センターを生で見たのは初めてでした。

「愛護センター」とか、茨城では「指導センター」なんて言ったりしますが、実際は殺処分場でしょ?…という先入観が強くありましたので、今回の富里のセンターには、逆の意味で驚きました。

最高の環境かと問われれば、依然として胸を張れるまでにはいかないのかもしれませんが、ネガティヴな先入観で固まっていた僕にとっては
「胸を張ってください!ありがとうございます!」
と言いたくなるほどのものがありました。

全室なのかどうかはわかりませんし、何年前からそうなっているのかもわからないのですが、ワンコのいる部屋にエアコンはありました。

今まで窓の無かった部屋に、通気の窓が「今年」ついた…と喜んでらしたから、ここ近年で随分変わったのでしょうね。

それには、物言えぬ動物達さんのような皆さんが、センターの環境改善のための進言を、直接に間接に続けてくださったおかげだと思います。

「けいせつ基金」の方もご覧いただいたようですね。

ありがとうございます。

僕はセンターを見させていただいて、より強く思いました。

センターの環境をより良くするためにも、ボランティアの皆さんの負担を軽減させるためにも、けいせつ基金の役割は小さくない。

望まない出産を防止することのみで、殺処分をゼロにできるとは思っていないのですが、現状をガラリと変えるくらいのことはあると感じました。

頑張ります。
これからも応援をよろしくお願いします。


けいせつ |  2015.07.09(木) 01:11 | URL |  【編集】

細君様

協働

そう協働です!

ボランティアとセンターの理想的な形を見ました。

けいせつ基金を始めるときに、茨城の最新データと生の声を聞きたくて、茨城センターには訪問を申し出ましたが、茨城の場合には認可された団体でないと、そういう面会はできないとのことで断られました。

茨城センターへの印象は、そのとき正直ちょっぴり悪化したのですが…

だけど今はそんな印象は持っていません。

直接行く機会はまだなく、今度almaの代表にお願いして連れて行ってもらおうと思ってますが(^^;;、電話でも非常に好意的に説明してくださいますし、データは最新の物をすぐにFAXしてくれます。

職員さんの一部だとは思うのですが、けいせつ基金の主旨を理解してくださっている雰囲気もあります。

犬猫を殺したいなどと思っている職員は一人もいない…このことは、このわずか4ヶ月の活動でも充分伝わってきました。

センターと民間ボランティアの思いが一致しているのであれば、茨城も千葉と同じような良好な関係が築けるはずですね。
けいせつ |  2015.07.09(木) 01:29 | URL |  【編集】

こちらこそお忙しい中、また、これまで避けていたセンターにいらして下さいまして本当にありがとうございました。
私も当初避けていたのでけいせつさんのお気持ちは十分理解できます。

富里動物愛護センターはここ3年位でかなり変わりました。
センターとボラの協働は形作られて来ていると思います。
が、県との協働がイマイチです(センターも県の機関ではありますが)。ここがこれからの課題になります。
と共に、矢張り大元である飼い主さん達が不妊去勢や終生飼養をしないとですよね。

また、富里動物愛護センターも多分一般の方が入るのは咬傷事故や感染症等の観点から厳しいのでは無いかと思います。今回はあくまでもちばわんの活動の見学という形になります。

茨城のセンターはどうのような状況なのでしょうね。けいせつさんご自身の目で見て肌で感じれば、問題点が見えて来ると思います。無駄な事なんて一つも無いと思います。
是非茨城動物指導センター訪問を実現し、教えて下さいね。
語弊がある表現かもですが、楽しみにしています。
オカン |  2015.07.09(木) 22:55 | URL |  【編集】

オカン様

茨城のセンターには行かないといけませんね。

行きたいと思うようになりました。

県との協働がイマイチ…ということですが、それはどこも同じような気がしますね。

悪名高いイメージの茨城センターですが、職員さんは本当によくやってくださってるように思うんです。電話やFAXでの印象ですが。

だから是非、この目で確認しに行かないと。

精神的にもきつい中、センターの職員の皆さんは頑張ってらっしゃるんだと信じます。

ただ、だから現状のままでいいとは言えません。

現場の皆さんの真の声に耳を傾け、千葉県の協働の形を範としながら、共闘して県に働きかける必要も出でくるかもしれませんね。

ネットでは、愛護団体がセンターを叩くような記事に遭遇することもありますが、決して敵対する対象ではないと思います。

とにかく一度行かなくては…
けいせつ |  2015.07.10(金) 02:03 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gooddogtoto.blog22.fc2.com/tb.php/1052-b7929a02

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。