2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
    

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2012.03.24 (Sat)

よっしゃ!いい人生にしてしまえっ!(終)

学校の先生にバレて、親呼び出されて、とにかくアパートから出て行くようにと担任、教頭、教務主任にガンガン責められたんだけどね、でも、前の晩に母ちゃんに電話して、明日は相当怒られるはずだから
「うちは経済的に困難なものですから、うちの子がこうしてくれるおかげでうちは何とか成り立ってます。どうかお許しください。」
って涙のひとつもこぼしてくれっって頼んでおいたのよ。
そしたら、うちの母ちゃん、迫真の演技でさ。
生まれて初めて母ちゃん尊敬したよ。

でね、その1年後、急に職員室に呼び出されて、先生が
「お前、表彰されるから明日○○(地元の結婚式場)に行け」
って言うんだけど、僕は作文書いたわけでも、絵書いたわけでもないから、嫌だ、行きたくないっていったのよ。そしたら
「金くれるらしいぞ」
って言うもんだから、そうなの?じゃぁ・・・ってんで行ったよね。
そしたら表彰状くれて、写真撮られて、まぁそんなものには興味が無かったから、アパートに帰って金一封を開けてみたら、なんとピン札の1万円札が入ってんの。
マジか~っ!・・・と思ってさわったら、なんとそれがズリズリってずれて、5枚も入ってたのよ。
5万円だよ。
もうびっくりして、でも儲かった儲かったってその日は寝たわけ。

そんで翌朝学校に行ったら、ほら、アパート近いからチャイムがなってから猛ダッシュで間に合うんだけど、そんでも1時間目ギリギリでしょ。
なのに、クラスメイトがみんな廊下で僕を待ってて、おめでとうって、すごいねって。
いったい何言ってんのかなと思ったら、みんな手に何か持ってんだよね。
新聞ですよ。それとか新聞のコピー。
小さいけど僕の写真と僕のことが書かれた記事があって。
僕はね、あの生活が楽しくて楽しくて仕方がなかったんだよ。
なのにね、見出しは
「頑張って生きて」
だって。
なんだよ、一年前は激怒してたくせにね。



このときのあの子の大爆笑ぶりは忘れられません。





僕はホントに運がいい人間です。
二者択一では、なぜか偶然当たりばかりを引いてきました。

・・・と途中まで思ってました。
でも、それも違っていたのかも。

引いた玉が白でも黒でも、どう思うかだけで、当たりにでもできるしハズレにでもできる。

30年近く前の、薬師寺のお坊さんが風邪を引いて苦しそうにしながら、それなのに感謝を忘れないあの姿は、ずっと僕を支えてきたし、僕の生徒たちをも支えてくれることと思います。

2度の不合格をさせてしまいました。
本当につらい思いをさせました。

でも、大丈夫。
いい人生にしてしまえっ!
20:09  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

Comment

自分の人生だものね!

自分の身に起きること全てを
一旦受け入れることを繰り返すうちに
果たして受け入れるべきことか
突っぱねるべきことかが自然と分かってくる。

今は辛くても、将来必ず笑い飛ばせるときが来ることを
我々大人は知っているけど
15歳の少年少女に分かるはずないし
分かってしまったらつまらない・・・

沢山本を読み
沢山の人と話すことを勧めてあげてください。
特に年上の人間と話すことを躊躇わないようにと。

そんなことメンドクサイと思ったときは
「今、私はこの人から知恵を吸い取っているんだ」
と思えば我慢できるはず。

自分の人生だからこそ
精一杯、自分にチャンスを上げてくださいね!
新しく一歩を踏み出す君へ・・・

バーバMIKO |  2012.03.25(日) 16:34 | URL |  【編集】

いいお話

けいせつ先生のような方に出会えた生徒さんは幸せです。受験は残念な結果になったかもしれませんが、けいせつ先生のお話には救われたと思います。

本当に一人一人の子どもたちのことを真剣に考え励ましてくれる大人の存在はきっと子どもたちの胸にも深く刻まれることでしょう。

「いい人生にしてしまえ」本当にそうですね。

あの鉛筆削り一つでもけいせつ様のことを只者ではないと確信しておりました。
またとてもユーモアもあり、近ければお酒下げて話に行きたいくらいです(笑)。
クロスワード |  2012.03.25(日) 16:59 | URL |  【編集】

「頑張って生きて」

常々、「頑張る」って言葉に違和感を感じてます。

「頑張る」=困難にめげないで我慢してやり抜く、と言う意味がある様ですが、時として本人は困難と思ってない、苦にしてない場合があります。

好きでやっている事に「頑張って」って言われると何か複雑な気がします。

まあ、細かい事言わずに応援してくれていると有難く受け取る事にしています^0^


最近、言葉の使い方が気になってきたのは、オジサンになった証かな???


fufu |  2012.03.26(月) 11:42 | URL |  【編集】

Re: 自分の人生だものね!

バーバMIKO先生

大丈夫!とか、気にするな!とか、僕の立場で言うことではありません。
近所のただのおっちゃんだったら、もっと励ますことができたかもしれない・・・。

けど、僕の立場のまま僕のウソのない気持ちを伝えたかったので、近所のおっちゃんみたいな話をしてしまいました。

>今は辛くても、将来必ず笑い飛ばせるときが来ることを
>我々大人は知っているけど
>15歳の少年少女に分かるはずないし
>分かってしまったらつまらない・・・

そうですね。

その失恋、大人になればいい思い出になるの、僕は知ってるけど、
でも今の君には死ぬほどつらいの、わかる。

その失敗、大人になれば笑い話になるの、僕は知ってるけど、
でも今の君には死ぬほど恥ずかしいの、わかる。

その傷、大人になればすっかり癒えるの、僕は知ってるけど、
でも今の君には死ぬほど痛いの、わかる。

なぁんてね・・・って照れ隠しするけど、ホントにわかる。

通ってきたからわかる。
けいせつ |  2012.03.26(月) 23:07 | URL |  【編集】

Re: いいお話

クロスワード様

教育って、親になれば全員、そうでなくとも部下や後輩ができたら全員、つまりほぼ人間全員がすることですから、実は誰でもしてることです。

だけど本当に難しい。

人類史が何千年経過しても、こうすれば良いという正解は見つかりません。
誰でもするのに、誰も正解を知らずにいる。

となれば、正解がわからないまま進まなければなりません。
正解がわからないまま進むから、僕の言うことも、することも、大いに間違いを含んでいるはずです。

それでも、とにかく、今はこれだと信じることをするしかありません。

それにしても難しい。


酒、是非是非。大歓迎です( ´~)◇y
けいせつ |  2012.03.26(月) 23:44 | URL |  【編集】

Re: 「頑張って生きて」

fufu様

あの新聞記事は、ホント心の底から笑いました。
ちゃんと生きてるよ(^∇^)アハハハハ!
でも、わが子ですら、あんなこと真似されたら困っちゃうなぁという思いはあって、大いに矛盾してますね。

同じ先生に「ちょっと職員室に来い」を3回やられました。

1回目は親が呼び出されたとき。
2回目は表彰されちゃったとき。
3回目は「大学入試もあるんだから、お前、鹿島に帰れ」と言われたとき。

実はこれもなんという巡り合わせか、高校3年になった春に鉄道が開通したんです。
時間がかかるバス通学が理由にならなくなったのを機会に、僕は最後の1年を鹿島で過ごすことになりました。

それでも何かアルバイトをしなければいけませんでした。
受験勉強の傍らできることといったら・・・

そのとき始めた家庭教師がきっかけで、もう26年も経ちました。

3回僕を呼び出した柴田先生を、今でも感謝しています。

人間万事塞翁が馬
けいせつ |  2012.03.27(火) 00:11 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gooddogtoto.blog22.fc2.com/tb.php/197-be800bca

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。