2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月
    

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.12.31 (Tue)

あれは9月のこと

今日は大晦日。
今年も皆様には大変お世話になりました。
来年もトトの間一同元気でがんばってまいりますので、応援をよろしくお願いいたします。

ブログを書こうと思ってましたが、さすがに昨日は寝落ちしちゃいましたね。
見えない疲れが溜まっていたんだと思います。

このトトの間は、地元鹿嶋にも応援してくださる方がいて、あみさんもそんなお一人です。
時々コメントを残してくださったり、僕もあみさんのブログを訪問したりしています。

9月19日、あみさんのブログに気になる記事がありました
http://s.ameblo.jp/ami1313/entry-11617214775.html

あみさんのブログのタイトルも「どうしよう、、、」ですが、ホントにどうしようもない。
こういうときのスカッとした正解を、僕はまだ知りません。

こういうとき「何かしなきゃいけない…」と自分を責めてしまう体質の人達は、特に僕の周囲にはたくさんいますが、僕もその一人です。
しかし、一人の人間にできることなんて限界があります。
僕はこういう場面に出会い「何かしなければ…」という気持ちが少しでも湧いてきたときには

「お前は神様にでもなったつもりか?
お前が命を思い通りにできるとでも思っているのか?
お前みたいなちっさい人間に何ができるというのだ。
トトやジャニスの幸せをもっと考えなければいけないのではないか?
だいすけ達、預かりっ子の幸せ探しにもっと努力できることがあるんじゃないのか?
調子に乗るな!」

と自分を戒め、見なかったことにして自分を納得させます。

僕は19日にこの記事を読んでいましたが、22日にコメントを残しています。

本当に困りますね。
こういう時、こうすればいいですよ、という答えが無く、本当に困ります。

どう考えても、どっちに転んでも、その子にとって幸せな道は…。

食べ物を漁っているようようですから餓死してしまうかも知れません。
悪いものを食べて病気になるかも知れません。
交通事故に遭うかも知れません。
保健所が保護すれば、高確率で殺処分に、なってしまいます。

悪いのは人間の方なのに、不幸を背負ってしまうのはいつも弱い動物です。

僕らにはできる事に限界があり、無力さを痛感します。

どうか幸運を…と、極めて確率の低い祈りを捧げるしかできないのが悲しいです


2,3日苦悩していたんだなぁということが、今読み返すとヒシヒシと伝わってきます。
一度は見なかったことにしたくせに、2,3日後にコメントを書いてるんですからね。

ところがこのコメントを書いた翌日23日から、僕はリードを1本携えて毎日海に行き、この子を探そうと決めました。

ちょうど大阪のマリーがいなくなって3ヶ月が経とうとしていました。
マリーのご家族は毎日毎日、毎日毎日マリーの帰りを待っています。
今も待っています。
どなたのコメントか、いつのコメントかわからなくなってしまっていますが、マリーのブログに以下のようなコメントがありました。

自分も迷子の犬を見かけたことがある。
でも車を運転していたし、どうすることもできないと思い通り過ぎてしまった。
思い直して戻って見たが、もう見つからなかった。
あの時ちゃんと保護していればと思うと悔やまれる。

…そんな内容だったと思います。
僕はそれを思い出し、

そうだ、
もし飼い主さんが探していたとしたら、毎日悲しみに暮れているに違いない。
あの子を探して警察に届けるんだ。
センターにも連絡して、飼い主さんが見つけてくれるようにしないと。

マリーのご家族も、当然警察にもセンターにも問い合わせていますが、肝心の目撃者が黙ってしまっていたのではどうしようもありません。

ワンコがセンターに送られるということがどういうことか、よくわかっている僕です。
殺処分0は、まずセンター持ち込みを0にすることから…との思いが強かった僕でしたが、この時の僕は、とにかくあの子を保護し、センターに引き渡すことが正しいと考えていました。

保護して面倒を見る? そんなこと簡単にはできない。
じゃ、見て見ぬ振りする?
そんな二者択一しか考えてませんでしたが、よく考えたら「通報する」というのはとても正しい選択なのではないかと思えてきました。

見て見ぬ振りをした後のあの子を想像すると、ハッピーエンドは思いつきにくいのです。

食べるものがなくて餓死するかもしれない。
いや餓死する前には、畑やお店や、そんな人間の生活圏で食べ物を求めるかもしれない。
そうなればワンコが人間の敵というレッテルを貼られるかもしれない。
そして、そんな形で捕獲されれば間違いなく殺処分だ。
道路で轢かれるかもしれない。
それをよけようとした運転手がハンドル操作を誤り、通学中の子供の列に突っ込んだらどうしよう。
お年寄りや子供を咬んだら…。

そして毎日時間を見つけて海に行こうと決めてから何日目だったでしょう。

確か1日か2日しか経ってなかったように思いますが…

ある日、お年を召したお母さんの車椅子を優しく押しながら、海を散歩するおじさんに出会いました。

この辺に現れる白い犬をご存知ありませんか?

「ああ、その犬なら知ってますよ。私も毎日来ますし、みんな気にしてましたから。昨日は保健所の方が捕まえに来て、まさに連れて行かれるところでしたが、埼玉から来てた方が飼うと言ってくださって、その方が連れて帰りましたよ。」

そのお二人の後ろ姿です。
お母さんはリハビリなのでしょう、車椅子を降りて自分の車椅子を押してゆっくり歩いて行きました。


良かった(T_T)
世の中捨てたもんじゃない。

ホントの飼い主さんがもし探してたらどうしよう…という一抹の不安は残りましたが、まあほぼ捨て犬に間違いありません。

優しいご家族が見つかって良かった。

このことは早速あみさんにお知らせし、あみさんもとても喜んでいました。


そして、先日22日。
冬期講習中の僕に一本のメールご届きました。
あみさんからでした。

件名:あの子みたいです






へぇ~
埼玉のご家族と、また鹿嶋の海に遊びに来ましたか。

えっ?

何?
放浪してる!?

3ヶ月前よりも大きくなってるけど、9月のワンコに間違いないそうです。

僕は授業中で今すぐどうすることもできません。

ワンコは以前よりもうんと大きいし、すばしっこいし、力も強いし…咬傷事故でも起きたら困ります。今無理に捕まえように、あみさんにお願いしました。

でもなんとか保護しなければ。

9月の時はどうしていいかわからず、一度は見て見ぬ振りをしましたが、あれから3ヶ月。充分考える時間がありました。色々なことを思いました。

まさか戻って来るとは夢にも思ってませんでしたが、見つけるまで探すつもりで探したワンコがすぐそこにいるのに、今回は一秒も迷いはありませんでした。

あみさんには

もう暗いし寒いですから今日は諦めましょう。明日までは仕事ですが、24・25日は休みですので、僕が保護してきます。とりあえず明日の朝も授業の前に一度見に行ってきます

…と伝えました。

あみさんは、お腹を空かせて遠くに移動してはいけないと、わざわざ家にフードを取りに帰ってくださって、置いていってくれました。

想像してたより長くなっちゃったな。
一旦中断します。

続く
11:11  |  えみ(笑)  |  トラックバック(0)  |  コメント(8)

Comment

お疲れ様でした。

お仕事お疲れ様でした。
本年はお世話になりました。
新しい年が
素晴らしい一年で
ありますように…。
またブログを
読ませて頂きますね。
DAI |  2013.12.31(火) 19:21 | URL |  【編集】

9月にそんなことがあったなんて・・・
ブログを読んでて、一旦は安堵したものの何故に戻ってきたのかと。

そのワンコが笑(えみ)ちゃんなんですね。

続きが気になります。
つ〜くん |  2013.12.31(火) 19:51 | URL |  【編集】

けいせつさん、今年はいろいろ有難うございました。
不思議ですね、ご縁って!
えみちゃん、またこれもご縁なんでしょうね^^
とりあえず、けいせつさんのとこにいれば安心だぁ~^^
来年、ゆっくりと新しいお家探そうね!
そうそう、だいすけくんもね^^
幸せにな~れ☆
よいお年をお迎えください。
だいずかあちゃん |  2013.12.31(火) 21:09 | URL |  【編集】

こんばんは(^-^)
もしや、えみちゃん…(笑)
あの海の?
むか~し、むかし我が家の仔が2歳くらいの時かな?大好きな茨城の海に行ったとき
茶色いワンコに出会いました。えみちゃんくらいの大きさの…。うちの仔に興味を示した様子でして、怖かったので早足で車に乗り込もうとしたら一緒に乗ろうとしてきました。そばにいた見知らぬ男性が追い払ってくれましたが、あのワンコの優しいまなざしは今でも忘れられません…。当時はまだ保護犬活動の事を知りませんでしたので、、、けど知っていたとしても、私に何ができただろう…。 冷水の海では黒白のワンコが毎週行くたびに見かけました。人懐っこいワンコでした。やはり優しい目をしていました…。
スミマセン(;_;) 思い出したので書いちゃいました。
けいせつさん。ありがとうごさいました。
来年もよろしくお願いいたします(^-^)
くらら |  2013.12.31(火) 21:58 | URL |  【編集】

DAI様

今年もたくさんの方との素晴らしい出会いがありました。
DAIさんご夫妻とも今年中にお会いすることができ嬉しく思います。
DAIさんはLaMu☆さんをはじめ、最近ではたくさんお方を応援してくださり、皆DAIさんには元気をいただいていることと思います。
トトの間は来年も賑やかになりそうです。
本年同様、来年もよろしくお願いいたします。
良いお年を。
けいせつ |  2013.12.31(火) 23:27 | URL |  【編集】

つ〜くん様

つ〜くんさんには、あかりが大変お世話になりました。
ティアハイムにお越しいただいたあの日、間に合わなかったと肩を落とされていたのを覚えています。
間に合ったじゃないですか、間に合ってますよと、そんな思いで僕は見ていました。
まだあかりがちゃんとそこにいる、まだどこにも行っていないときでしたから、あかりはきっと嬉しそうに見ていたはず。
あかりはつ〜くんさんのことは忘れられないと思いますよ。
あんな素敵なお花までいただいて。

来年もワンコとのいろんなことがある一年になると思います。
楽しいことも、ちょっぴり悲しいことも。
トトの間はまた来年も元気に頑張っていきます。
つ〜くんさん、来年もまた保護犬たちの応援をよろしくお願いいたします。
良いお年を。
けいせつ |  2013.12.31(火) 23:48 | URL |  【編集】

だいずかあちゃん様

だいすけのことももっとちゃんとしなきゃいけないのに、笑が加わってどうなることやら。
来年もドタバタと騒々しいトトの間だと思いますが、引き続きよろしくお願いいたします。
また色んな場面でご一緒させていただく機会がありそうですね。
次の一年も楽しみです。
良いお年を。
けいせつ |  2013.12.31(火) 23:52 | URL |  【編集】

くらら様

この辺の田舎でも、野良犬とか首輪のない飼い犬というのは随分減りました。
昔みたいに野良犬が群れをなして闊歩していたのなら感じ方も違ったのでしょうが、笑みたいなのがたった一人で、しかも二回も置き去りにされたのかと思うと…やっぱり関わってしまいました。
笑自体はとってもいい子なので、きっとモテるのではないかと期待してます。

来年もまたよろしくお願いします。
茨城にお立ち寄りの際には是非お声をかけてくださいね。
良いお年を。
けいせつ |  2014.01.01(水) 00:01 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gooddogtoto.blog22.fc2.com/tb.php/613-e7ac6222

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。