FC2ブログ
2020年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月
    

2011.05.08 (Sun)

お墓

今日は母の日でした。

隣町のお風呂屋さんがお気に入りの母ちゃんは、今日もそこで寛いでいます。

こっそり行って母の日の贈り物を仕込んできました。

フロントの人にお願いして、母ちゃんが帰るときに渡して欲しいと、そこのお風呂の回数券を少々大人買い(*⌒∇⌒*)テヘ♪



で、隣町まで来て寄らずに帰れないのがここ。

ひときわ異彩を放つこれ、うちのお墓です。

CA3G0528_convert_20110508175443.jpg

まだ遺骨は入っていませんが、きちんとお寺さんに開眼供養していただいたので、ちゃんと魂の入ったお墓です。

手作り感満点ですが、実際、僕が作りました。

ホームセンターに行って角材買ってきて、表の南無阿弥陀仏の文字も横の先祖各霊菩提の文字も僕が彫りました。

彫って墨を入れました。

GRL_0531_convert_20110508182253.jpg

もうそろそろ作り直しですね。

これまでも何度も作り直しましたが、木だから傷むのは仕方がありません。

僕が入るときには石のお墓にしなければ・・・とは思っているのですが、それはお墓を守る子供達の手を煩わせたくないためで、つまり、こんな言い方は先祖に失礼ですが、僕が生きている間はこのように手を煩わせるお墓の方がいいなと思っています。

しばらくお墓に行かないと雑草が気になって気になって・・・

こんな感じのほうがいいのです。

墓は石ではなく土ですからね。

石のお墓を作ったとしても、必ず土の部分は残すようにしたいと思います。

そう言うと石材屋が必ずこういいます。

「全部石で敷き詰めないと、すぐ雑草でボウボウになりますよ」

いやいや、それ、望むところですよ。

自然とお墓参りの回数が増えます。

このお墓は、いつのまにか全面にこけが生えて、今の時期はあまり美しくありませんが、いいときには深い緑でそれはそれは美しいです。

お墓参りとは、肉体がなくなっただけの「人」に会いに行くことだと思っています。

目が不自由な人が道を渡ろうとしていたら・・・

車椅子の人が段差で困っていたら・・・

普通に手伝おうと思います。

死んだ人は、目と耳と鼻と口と手と足と、つまり全てが不自由になった「人」だと思ったら、向こうからは来ることができませんから、僕らから会いに行かなければなりません。

目と耳と鼻と口と手と足と、つまり全ての具合が悪い人が入院していたら、僕らの方からお見舞いに行かなきゃ絶対会えないでしょ?

僕がゆくゆく、目も耳も鼻も口も手も足も、肉体の全てがなくなったとき、そんな僕にも会いに来てくれる子供達の子供達のそのまた子供達がもしいてくれたら、こんな幸せなことはありません。

目も耳も鼻も口も手も足もない僕ら仏さんたちは、そんな子供達を全力で守りたいと思います。

18:58  |  トト  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gooddogtoto.blog22.fc2.com/tb.php/68-78b34f40

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |