2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月
    

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2014.05.08 (Thu)

山梨の問題の発端

僕も知らないことが多かった、山梨の問題の発端の話。

学生さんにお願いして、それがわかりやすく書かれている部分を紹介してもらいました。

発端から今の現状の大筋の流れ
(学生さんが作成したフリーペーパー)
http://tatou0225.blog81.fc2.com/blog-entry-1076.html

●小林さんの記録
http://www.animalweb.jp/bokuiki/tatou_hp/kobayashi.html

●マルコ ・ブルーノさんの記録
http://www.animalweb.jp/bokuiki/tatou_hp/maruko.html

僕も、山梨の多頭問題の解決に向けて、微力ながらできることをやっていきたいと考えているところですが、その前に、学生さんに「今、目指していること」を質問してみました。

(学生Iさんのメールより)
400頭いた当時は餓死や犬同士のけんかなどで命を落とし、環境が改善されてきた近日でも、老犬ということから譲渡も難しく、ほとんどの犬は現場で息を引き取っています。
残り15頭、譲渡して現場を終息させたいというのが一番の想いであり、目指していることです。

そして、この山梨の現場のようなことを、二度と起こしてはならないと思っています。
多頭飼育崩壊の発端してすぐに行政が対応しなかったこと、近隣の方もクレームばかりで具体的な対策を出さなかったこと、多くの愛護団体が介入したにも関わらず途中で放任していったことなど、この現場を通して様々な問題が浮き彫りになりました。
こうした問題を繰り返さないためにも、そして問題を長引かせないためにも啓発を続けていき、犬や猫の飼育の問題や責任について、もっとたくさんの人に考えてもらいたいと思います。


(学生Mさんのメールより)
現場で訴えたいこと、目指していることは、一頭でも多く犬達の飼い主を決め
暖かく過ごせる日を作ることを目指しています。
また、今後このような問題を起こさないようにもっといろんな人に現状を伝える事を訴えていきたいと考えております。


これで目指す方向が2点はっきりしました。

一つは今の現場にいる全頭譲渡
もう一つは再発の阻止

僕は学生さんとのメールの中で、以下のようなことを書きました。

(けいせつのメール・一部加筆修正)
去年もこうしていた
昨日もこうしていた
…という「現状維持」は、実は山梨の現場にはありません。

ワンコも小林さんも歳をとっていきますから、「現場維持」はプラスマイナス0なのではなく、完全にマイナスです。

問題に長く触れていると、その辺が麻痺してくるので注意が必要ですね。

去年と同じようにがんばっていたのではマイナス。

このことに気付いたのは、こんないい大人の僕でさえ、ほんの最近なのです。

がんばっていきましょう。


また、こんなことも書きました。

(けいせつのメール)
先輩達から脈々と続いた意思を引き継いでいくことは、とても大変なことで、とても尊いことです。

しかし反面、「今までと同じことをする」ことを伝えていくことが正しいとの誤解も発生しがちです。

今の現場は、続けて行くことよりも、むしろ終わらせることの方が重要な時期に来ていると思います。

先輩たちも成し得なかった「終わらせる」という偉業を、皆さん世代が成し得たら、素晴らしいことですね。


400頭いたワンコが今十数頭。
残っているワンコは、これまで譲渡の声がかからなかった子達である上に、高齢です。

その、はっきりとは見えないがなんとなく漂っている「諦めムード」を断ち切って、今年は大きく解決に向けて前進したい…僕はそのお手伝いをしたいと思っています。

以前にも書きましたが、時間がありません。

アスカも先日亡くなりました。

何もしなければ、おそらく数年のうちに問題は消滅します。

しかし、それは解決ではないのです。

僕は毎月11日に、東日本大震災と山梨の多頭問題を忘れないための小さな運動を続けています。

東日本大震災は、それでもまだテレビを中心とするマスコミが取り上げてくれますが、山梨の多頭問題は、もはやマスコミも取り上げません。

人知れず消えていくのを待つのは、僕は嫌です。

3月11日…
誰もが東日本大震災を思い出す日

この日は実は、小林さんの誕生日でもあります。

3月11日までの解決を目指します。
10:10  |  山梨  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

未だに目に焼き付いたまま・・・

マルコさんの記録にある
「我が子を土に埋めた母犬」



山梨のお山は、いつも私にいろいろな問題提起をしてくれますが
なかなか前に進めないままでいたんですね。

>「今までと同じことをする」ことを伝えていくことが正しいとの誤解


あの大雪以来、何がベストなのかを考えています。
考えたら、行動ですね!

バーバMIKO |  2014.05.08(木) 21:09 | URL |  【編集】

バーバMIKO姐さん

今までやってきたことは決して間違いではない。
今まではそれが正解だったが、今日からは違う…というようなことって、あると思うんですね。

車のシフトアップ・シフトダウンのような。

発進する時にはローでなければエンストする。
だけど、いつまでもローのままではエンジンはレッドゾーンに入る。
時期が来たらセカンド、サードとシフトアップしなければうまく走らないわけですが、それは目的が変わったわけでも気が変わったわけでもない。
初志貫徹、目的を達成するために、次のステップに移行するために、シフトアップする。
場合によってはシフトダウンもする。

大きく舵を切るのではない。
方向を変えるのではない。

目的に向かって邁進して来たのなら、そろそろシフトダウンし、目的地に止まる準備も必要だ…今、そんなことを思っています。
けいせつ |  2014.05.08(木) 23:35 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gooddogtoto.blog22.fc2.com/tb.php/719-99fc5472

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。