2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
    

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2014.06.11 (Wed)

トトの間まとめ(2)

トトとお姉ちゃん
http://gooddogtoto.blog22.fc2.com/blog-entry-5.html

これ、懐かしいなぁ。

トトのトライアル最終日。

咬みつき犬だと聞いていたトトが、なんと全く咬まずに2週間を過ごし、よしこれで正式譲渡だと喜び勇んで
「ではうちの子に(^^)」
と、連絡するものの、返事は思いもよらぬものでした。

トライアルの延長です。

今でもトトに咬まれる僕ですから、あの時のcatnapの判断はまさに正しかったことは今だから理解できますが、あの時は

なんで?咬まれなかったのに?咬まれた方が良かったのかな?

…と、正直不満でした。

そして、その晩だったか翌日の晩に、この娘が咬まれる事件が起きたんです。

娘には悪かったけど
「咬まれました!ついに咬まれましたよ!」
と、興奮気味にcatnapに連絡したら…

今度は信じられないことに
「やっぱりそうですか。お嬢さんのことが心配ですので、トトの事は諦めて下さい」
との返事(°_°)

僕がどれくらいテンパったことか。

嫌だ!絶対に嫌だ!
なんで?
咬まれなかったらダメ
咬まれたからダメ
どうすりゃいいんだよ~( i _ i )

この窮地を打開してくれたのは、この咬まれた本人であるうちの娘で
「お嬢さんの気持ちを聞きたい」
というcatnapからの電話に、この中学生の娘が胸を張って答えてくれたからでした。

この回のブログでも、この時娘がなんと言ったのか書いてませんが、実は僕も知らないんです。

娘には、正直な気持ちを答えてくれと頼みましたし、そのため、会話が聞こえないように、電話は別の部屋でしたから。

だから想像ですが、少なくとも
「お父さんが嬉しそうなので…」
という言い方はしなかったのだろうと思います。

23:41  |  トト&ジャニス  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

今、思い出しても・・・

あの時のお嬢さんの健気さに涙が出ます。

色々な愛護団体の譲渡条件を
考えさせられたのもこの時でした!

今でも ? が、あったりしますけどねv-356
バーバMIKO |  2014.06.12(木) 10:19 | URL |  【編集】

バーバMIKO姐さん

トトがいない僕と、今の僕と、おそらく全く違うものになっていたはずです。

その結果の違いの大きさと比較して、そうなるかどうかのターニングポイントは非常に微妙で

もしfufuさんがあの投稿をしていなかったら
もし僕がFXをしていなかったら
もしはっぴーさんがトトじゃない名前をつけていたら
もしトトが咬まないワンコだったら

…どの場合も、今の僕にはなっていません。

その中に
もしうちの娘があの子じゃなかったら
…というのもあるわけです。
これは絶対にあるわけです。
けいせつ |  2014.06.12(木) 16:18 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gooddogtoto.blog22.fc2.com/tb.php/757-360588e7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。