2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月
    

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2014.07.09 (Wed)

7月9日の鍵コメ様へのお返事

鍵コメ様、貴重なご意見をありがとうございます。
リコメという形ではなく、この場でお返事させていただきます。

> けれどやんわりオブラートに包んでは伝わらないと思いました。

…とご本人もおっしゃる通り、僕も鍵コメさんの文章の一部を切り取って、何かものを言ったのでは伝わらないと思いますので、今回いただいたコメント全文を次の記事に載せようと思います。

鍵コメは、状況によっては必要な場合も確かにありましたが、特に強い主張をされる方が鍵コメにされると、お返事の仕方に苦慮することになり、以前から疑問を感じていました。

ネットでは、本名を出さずにハンドルネームを使っているのですから、そもそも匿名性は確保できているわけで、隠すことなく本音を語れる環境になっているわけです。

あえて鍵コメとしていただいたコメントを、表に出してしまうことの是非を数時間考えましたが

(1)鍵コメ様の匿名性は確保されていること

(2)全部出さないようにして一部抜粋してお返事する形だと、鍵コメ様の真意が伝わりにくい。さらに言えば、僕が意識的に自分に有利な部分だけ切り取ることも可能となり、鍵コメ様にとってアンフェアな状況になること

(3)僕は「里親」という外部の立場からではありますが、それでも山梨の問題の解決を目指す一人ですので、問題提起があれば、自分の胸に納めることなく皆で考える機会を作った方が有益であると思うこと

以上の理由から、いただいたコメント全文を載せます。

もう一度言いますが、全文を載せるのは鍵コメ様の真意を正確に伝えたいからです。
文章というのは、勝手に抜粋されて一部を切り取られると、全く逆の意味で伝わることもよくあります。
全文を見ていただけば、決して悪意の荒らしのようなコメントでないことは、読んだ皆さんが理解してくれるはずです。

少なくとも僕はそう理解しました。

ただ、僕が今しようとしていること…つまり鍵コメでいただいたコメントを皆さんに見ていただくという行為が、取り返しのつかないようなことであっては困りますので、少し待って、さらに冷静になってからにします。

いただいたコメントを何度も読み返しましたが、鍵コメ様個人が特定される表現は皆無です。
また、第三者の名前も出てきません。

どうなんだろ?

僕は全く問題は生じないと思っていますが、「けいせつ、そんなことしたらヤバイよ」というご意見の方がいましたらアドバイスをください。
08:47  |  未分類  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

Comment

私は賛成です。
悪意のないご意見でしたら・・
ここで話し合えるのでは?

もちろん色々な意見があるでしょうから
衝突する事もあるかもしれませんが・・

それよりも山梨にはもう限られた時間しかない事の方が重要な気がします。

今のこの変な天気で人間もワンズも体調を崩している人もいっぱいです。
普通に?生活している人間&ワンズがそうならば・・
山梨のワンズたちと小林さんの負担はもっと大きいのではないかと・・

先日のブログにも書きましたが1月に3匹。そしてアスカとらん丸です。
終息するか・・
収束させるのか・・
大きな違いですね

あ、承認しないでこのままでもいいですよ
るい&こうき |  2014.07.09(水) 09:12 | URL |  【編集】

私も収束して欲しい。

私は13年前にボスを迎えに行ったときの 犬だらけの
(表現が正しいかは…)光景を今でもはっきり覚えています。
ボスを家族を迎えてからは 山梨とは離れていました。そして どんな経緯で多頭のホームページにたどり着いたかは覚えていないのですが そこで「その」と出会い そのを我が家に迎えて 離れていた13年の間の変わった事 変わらない事を知りました。

今お山にいる子達は ボスとほぼ年齢が同じくらい…
「私が見たあの光景の中にいた子達」と思うと やりきれない気持ちとなんとも言葉にならない気持ちと…。ボスが我が家で過ごした13年とお山での13年
比べる事は出来ないし することでもないと思いますが 元凶のオーナーさんが亡くなっても ボランティアで現場にとどまり 犬達に愛情を注いでくれている小林さん どれだけの犬を送り どれだけの犬を看取ってきたのでしょうか…。

命が消えて終息ではなく たとえ2ヶ月 1年でも
温かな家庭と自分だけに向けられる愛情の元生活ができたら…。 そのとは8ヶ月しか一緒にいられませんでしたが 笑顔をいっぱい見せてくれて お山にいた頃とはまったく違うそのの顔
私の勝手な思いかもしれませんが 良かったと思っています。

小林さんには 最期の子 看取りではなく 見送って
お山をおりて欲しいと願っています。

なんだか 長い文章になってしまい ごめんなさい。
五百蔵 |  2014.07.09(水) 10:04 | URL |  【編集】

るい&こうき様

LINEでも親身になって相談に乗っていただき、ありがとうございました。
鍵コメさんのコメントの全文掲載は踏みとどまりました。
るい&こうきさんをはじめ、皆さんが、自分のことのように真剣に考えご意見を下さったおかけで、なんかスッキリしました(^^)
けいせつ |  2014.07.11(金) 00:21 | URL |  【編集】

五百蔵様

13年という年月の重さを思うとき、ボスがいかに幸運だったか、改めて思い知らされます。

>どんな経緯で多頭のホームページにたどり着いたかは覚えていないのですが
…ということですが、かつてボスがいたその場所を訪れることは、おそらく不思議な力で導かれるようなものだったのではないでしょうか。

13年前にボスと一緒にいた子達が、今もここにいる…
毎日笑顔を見せてくれるボスとは、あまりにも違いすぎる山の子達の現在、そして過ぎた13年。
五百蔵さんがどんなに心を痛められたか、想像するだけでこちらも辛くなります。

そこで「その」を迎えることを決断されたこと、お会いしたこともない僕が言うのも変ですが、五百蔵さんならきっとそうするだろう、いかにも五百蔵さんらしい…そう思います。

13年という時間を埋めるかのように、新しい幸せな暮らしが始まった「その」が、わずか8ヶ月で旅立つことになるとは、現実はあまりにも残酷でした。
しかし、ボスがいかに幸運だったか…と先ほど書きましたが、「その」もとても運のいい子だったと思います。
犬生の最後にとても温かい家族がいたのですから。

そして今また「あき」を迎えられた五百蔵さん。
これも僕が言うのは変ですが、本当にありがとうございます。

「あきちゃんのお話」もありがとうございます。
僕もトトの間を通じて、これからも伸とさちほとの暮らしをレポートしていきます。
もし難しいことがあったとしても包み隠さず見ていただきますので、これから山梨っ子の里親さんになってくださる方の参考になれれば幸いです。

山梨に今もいるあの子達と、そこにとどまりずっとお世話を続けてくださっている小林さんのことに思いを馳せながら、解決に向けてできることを続けていきます。
けいせつ |  2014.07.11(金) 06:37 | URL |  【編集】

夢の中のマラミュートたち

http://www003.upp.so-net.ne.jp/HELP/pass_away/Misfortuned15.htm

これは、マルコさんが山梨のマラミュートのことを書いたものです。


http://www.animalweb.jp/bokuiki/tatou_hp/maruko10.html
そして、これは現地に居た病気のワンコ。
多分・・・マラミュートかハスキー。

夢に出てくるマラミュートたちは
みんな悲しそうな表情で・・・
いつしか「マラミュート」と聞くと
幸せになれなかったこの子たちが
真っ先に頭に浮かんでくるようになりました。


五百蔵さんに引き取られたボス君は
そんな仲間の代表のような気がしてなりません。
幸せになれなかった仲間の分を一生懸命生き
今、また同じお山の仲間とともに暮らす。

五百蔵さんのお力が無ければ実現しないことでしたね。

現在は、五百蔵さんというお名前を伺うたびに
そのちゃんの「にへっ♪」という笑顔が浮かんできます。
そして、あきちゃんのロケット発射(笑)

この場をお借りして・・・
あきちゃん、そのの分まで長生きしてね!!

伸、さちほ!
あきちゃんに続け~♪
バーバMIKO |  2014.07.11(金) 15:42 | URL |  【編集】

バーバMIKO姐さん

写真の子の目は、何かを語ろうとしているのでしょう
もしかしたら、もはや人間に何を語ってもムダだという諦めの目でしょうか

13年間、五百蔵さんと幸せな毎日を送ってきたボスと
同じ時期に近くににいたであろう、そのちゃんとあきちゃん

先立ってしまったそのちゃんと、生まれ直したあきちゃん

五百蔵さんは、ギュッと凝縮した山梨をご存知の方。
あの時いたあの子たちに心を痛め、もう一度戻ってきてくれた方。


けいせつ |  2014.07.11(金) 22:57 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gooddogtoto.blog22.fc2.com/tb.php/795-25ee43c4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。