2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
    

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2014.07.12 (Sat)

屋上で続けさせてください

多頭崩壊現場の厳しい山中から助け出された筈の老犬2頭を、どうか屋上から降ろしてあげて下さい。

年老いた彼らがたった2頭、地面から隔離されたコンクリと人工芝の無機質で単純な匂いの、空しか見えない囲いの中で残された短い時間を過ごすのは、助け出されて幸せになったと言えるのでしょうか?


これは先日の鍵コメ様のコメントの一部です。

僕が小林さんに電話をし、何よりも先に質問させていただいたのが
「山梨の子達の譲渡は、今も室内飼育が条件になりますか?」
でした。

「以前はそう言ってたんですが、今はもう、雨風がしのげて大切に可愛がってくれるお宅であれば、構わないという風に考えています。」
「それなら良かった。そういうことであればうちの屋上はどうでしょうか?」

これが前提で、伸とアスカの話が現実になりました。

かつて室内飼育が条件だったわけですから、条件緩和です。

人によってはそれを妥協と言うかもしれません。

しかし僕は、この条件緩和を非常に歓迎しました。これで譲渡の機会が広がる。山梨の問題の解決に弾みがつく。

この条件緩和は、山梨のワンコ達にとって不幸な決断だと僕は思っていません。

山梨のあの現場ことを少しでもご存知の方であれば、あの環境がいかに過酷か理解していただけると思います。

誤解のないように言い方を気をつけなければならないのですが、決して、山梨のワンコ達をお世話してくださっている小林さんや、学生の皆さんの活動が足りていないのではありません。

むしろ、小林さんの限界を超えたようなお世話、学生の皆さんの献身的な活動をもってしても、理想の環境になど程遠い…そういうところなのです。

だから僕はこの条件緩和を歓迎しました。

通常考え得る、常識的な譲渡先であれば、屋外飼育でもまず今の現場以下にはならないだろう…そう考えていたからです。

不安なのでもう一度言いますが、これは小林さんや学生さんのお世話が足りないからではないんです。一度でも生で現場を見たら、そんなことを言える人間は皆無なはずです。

もちろんうちの屋上も100点の環境ではないでしょう。

より理想的な姿はきりなく無限にあると思います。

しかし、少なくとも現場の環境よりも改善していること、これこそが重要なことなのだと思うのです。

いやあの屋上は現場以下だよ…という結論になれば、そもそも最初から間違っていたことになりますが、小林さんともお話しし、学生さんには屋上を見てもらい、その上で決定が降りたことです。少なくとも山梨よりも過酷に見えたら、今のようにはなっていないはずです。

それと、このトトの間に来てくださる方はワンコのことを第一に考えることのできる、とても心優しい人達であり、僕にとっても大切な人達です。もちろん鍵コメ様もです。

ただし山梨の問題は、ワンコの幸せを求めることが大前提であることは言うまでもありませんが、それでも、今の現場が小林さんに大きく依存して成り立っていることを忘れてはいけません。

山梨には時間がありません。
それをワンコだけのことだと考えるのだとしたら、ワンコには優しいが人間には冷たい…そう言わざるを得ません。

屋上が使える!
こう気づいたとき、僕は身体中に力がみなぎりました。

同時に、なぜもっと早く気がつかなかったんだろうと、少し悔しくもありました。

しかし、もっと早く気がつくはずはありませんでした。

僕はトトとジャニスの親です。
その上、預かりスタッフでもあります。

あの笑はあまりにも突然でしたので、アルマの代表にも相談することもできず、無断でだいすけとの同居が始まりましたが、僕の不注意でだいすけに怪我をさせてしまったこと、ご存知の方もいると思います。

あの時、代表は僕を責めるどころか
「笑を助けてくれてありがとうございました」
と言ってくださいましたが、同時に
「でも今度からこのような場合は事前に必ず報告してください」
とも言われたのは至極当然でした。

トトとジャニスがいて、預かりっ子がいる状況で、山梨の子達を家族に迎えるなどという発想はそれこそ1ミリもありませんでした。

結局、毎月わずかばかりの支援金を送ることしかできないと思っていたのですが、いや違う、うちには屋上があるじゃないかと気づかせてくれたのは奇しくも笑でした。

住環境を分けさえすれば共存できる。

確かに土もないし四角い空ですが、もしあれでいいと言ってくれるなら一緒に暮らせる。

小林さんの負担を減らせる。

これは今言わなくていいことかもしれませんが、実はもう一頭検討していただいています。

決して思いつきではありません。様子を見て問題がなければ、なにも2頭までというつもりはない…僕は最初からそのつもりでした。

第一にトトとジャニスの親であること、預かりにも戻らないとセンターには今日も助けを待つワンコが溢れていること、その上で山梨の子を迎えたいとなれば、やはりどうしても屋上しかありません。

「…しかありません」と言うよりも、我ながら素晴らしいアイデアだ!ちょっと思いつかないウルトラCを見つけた!気づかせてくれた笑、ありがとう!…と飛び跳ねて喜んでいました。

これからも屋上の環境の改善を進めながら、僕はこれを続けたいと思います。

これから夏期講習を迎え、今よりは確かに忙しくなりますが、夏期講習中でも一時間ごとの休憩時間には毎回会いに行くことができます。

動物アレルギーの生徒もいるため、教室に入れることはできませんが、逆に生徒が屋上に上がり触れ合う機会ならいくらでもできます。

それもいいことだろうと思っています。
01:49  |  伸&さちほ  |  トラックバック(0)  |  コメント(22)

Comment

鍵コメさんの意見も、分かります。
動物を愛する方のご意見だと思います。

「ペット」との暮らし。
私の幼い時代から比べても今とは変わっています。
同じ時代に幼少期を過ごしていた
主人と私でも 鹿嶋と新宿ではまた違います。

だから今でも 犬や猫に対する考え方が違います。
主人も犬も猫も大好きです。
それでも我が家の子ではない、たとえば捨て犬捨て猫に関しての思いや意見は違います。
同じように動物を愛しているのに 考えは違います。
不思議ですね。当たり前かな?(笑)
でもどちらが どうって無いですよね。

鍵コメさんも真剣にけいせつさんへ 思いを伝えたんですよね。動物を愛するからこそ。

小林さんも、学生さんたちも一生懸命
今いる子たちを守ってくださっていますよね。

理想と現実に打ちのめされながらも
皆さん 「よりよい」環境を目指して
力を注いでくださっている。

そんな中、けいせつさんは今自分にできる方法を考え
その中でも 快適に伸やさちほが暮らせる環境を
整えて迎えた。

小林さんも 100パーセント理想ではなくても
いまより良い環境で彼らが最後の時間を過ごせるならと託された。

私は良いと思います。
今与えられた状況で 何ができるか?
その中でのベストを皆さんが選択した結果ですから。
(^^)

動物を愛する気持ちがあっての、こうゆう意見の交換
は良いものだと思います。

鍵コメさんのご意見。
深く考えさせられました。

あみ |  2014.07.12(土) 04:49 | URL |  【編集】

はじめまして

はじめまして、こんにちは。

一年程前からこちらのブログを知り、更新を楽しみにしています。保護犬への愛情のみならず、即行動に大変感銘を受けております。

今回のメールに、土、草に触れることが犬の幸せなら、とっくに多くの犬が幸せになってるよってツッコみたくて、初コメです。

けいせつ様が係わった今までのワンコ達がどれだけ幸せになって、次の幸運を掴んだのか、ブログ読者は十分に理解していますって。

ところで、いつも思うのですが、ハマグリ美味しそうですね^^。
これからもトトの間を楽しみにしています。夏バテにはお気を付け下さいませ。
パン粉 |  2014.07.12(土) 04:58 | URL |  【編集】

暑い夏本番ですねー♪

 ワンコの飼い方は様々です。

生活環境も然りですよ!


けいせつさんには、けいせつさんの
考えや計画があって当然だし、
何よりも 伸やさちほ の事を考えて
います。

ずっと、過酷な環境下で生き抜いた
老犬にどう接してあげようかと、
悩み抜いたと思います。

私には快適空間を与えてくれて、適度な
距離感を設けてくれてる、けいせつさんを
ありがたく感じてる伸とさちほ だと
思います。

けいせつさんは
伸とさちほ に愛情たっぷりですよ♪

人の意見に耳を傾ける事は大事ですが、
批判や懇願はあまり重く受け止めなくても
いいのでは?

何よりも 伸とさちほ が快適なら
いーいんですからぁ。

ポメ子まま |  2014.07.12(土) 05:36 | URL |  【編集】

地震大丈夫でしたか?

朝の地震警報は怖かったですね。
大丈夫でしたでしょうか?

私もカギコメさんの意見、わかるところもあるんですよね。

でも、伸君とさちほ君がもうちょっと馴れてお散歩に行けるようになったら全くの無問題ですよね。
室内犬だって普段は家の中。
土や空気に触れるのはお散歩の時だけ。

あと、外で飼ってるワンちゃんで、
まったくもう興味がなくなったような飼い方をしてるのをたまに見かけますが、
そのほうがよっぽど可哀想で見てられません。

それのペットショップで買ったであろう犬種たち。
真冬も雪の日も台風の日も、
過酷な真夏も外につながれたまま、
のみ、ダニだらけ。
水はいつ変えたの?
ご飯を与えてるだけ?
お散歩は?行ってないよね、、、。
なんで飼ってるの?と聞きたくてしょうがありません。

土や空気にずっと触れた生活をしてても
愛情がなければ全くの不幸です。

伸君もさちほ君もすごく幸せだと思います、ホントに。
快適にしてもらって、愛情もたくさんもらって。

さちほ君も段々馴れて幸せな笑顔を見せてくれる日も
近いような気が、、勝手にしています。

朝の地震から眠れなくなってしまい、
早朝からコメントしてしまいました。
kaz |  2014.07.12(土) 06:49 | URL |  【編集】

再びのコメです。

けいせつさんのブログを訪問してる方は
ほぼワンコ好きな方だと思います。

何でもそうなんでしょうけど、
ワンコの世界も 奧が深いですね。

小林さんには小林さんなりの飼育
っていうより、助ける思い。

村田さんたち学生さんなりの活動

ダックスを家族として生活してた
けいせつさんなりの思い。

けいせつさんは一生懸命ですよ。
ひょんな事から山梨問題を知り、
えみちゃんとの出会いで、ヒントを得て
一頭でも多く救ってあげたいと
二頭の里親になった
これだけでも、素晴らしいと思います。

多分、恐らく…中型犬を飼った経験も
なかったかもしれない?

だから、手探りで 何だかんだと
試行錯誤しながら、けいせつさんなりに
あらゆる行動をしてるんだと。

住環境と経済力と体力と行動力と愛情
全てが整ってても、そうそう
できる事じゃありません。

仕事にも手抜きなく
人付き合いにも手抜きなく
子供たちにも手抜きなく
トト とジャニスにも手抜きなく

こんな事できますか?

私は見知らぬけいせつさんを
とても尊敬してます。

これから、少しづつ毎日が変化して
行くのだと思ってます。

言うのは簡単ですけど、行動起こすのは
大変です。

時には笑いながら
時にはヒヤヒヤしながら
時には泣いたりもしながら、暖かい
エールを送り続けたいと思います。


そういえば、けいせつさん
最近のえみちゃん情報を楽しみに
してるんですが…

私は愛犬と職場まで通い
四六時中一緒で 幸せを感じてます。

ワンコは大好きですが、いつも対岸の
火事状態で偉そうな事は言っちゃダメ
なんですけど、
けいせつさんが倒れたら大変です。
暑いですから、どうかご自愛下さい
ませねd(⌒ー⌒)!
ポメ子まま |  2014.07.12(土) 06:56 | URL |  【編集】

鍵コメ様へ

今回の鍵コメ様のご意見は考えさせられる事もありました。
人間って自分ではまったく気がつかない事もありますよね・・

けれど山梨のあの環境からすると
“バラ色の人生、などと記せばあまりに軽率なのですが
それほどの素敵な住環境で余生を過ごせた筈のアスカちゃん。”
となるようです。

これはアスカの訃報の記事のコメントから勝手に借りました。
関係者の方がここまで言っているのですから・・
伸とさちほは、きっと山梨の現場よりも
ずっとずっと幸せな環境にいるのだと思いますよ。

それに、伸とさちほがもう少し慣れてきたら・・
お散歩はもちろん、お出かけだってけいせつさんが連れて行ってくれますから~

鍵コメ様、これからもトトの間に遊びにきて
伸とさちほの変化を私たちと一緒に見守って下さい。
よろしくお願いします。
るい&こうき |  2014.07.12(土) 07:41 | URL |  【編集】

けいせつさんが山梨の子達を引き取るとなった時、
私は最初単純に喜んで、次に、確かに、少し戸惑いました。
「ずっと屋上なの?」って。
でも度重なる屋上リフォームや毎日の動画を拝見して、
素敵!って思いました。

飼い主が仕事に行ってる間はサークルでひとりぼっちお留守番。
外に出るのは朝晩30分のお散歩。
ノーリードで走り回れるのは週2回のドッグラン。
完全室内飼いってそういう事だもの。
うちの子がそうだもの…。

要はそれぞれの生活の中で「楽しい事」をどれだけ教えてあげられるかだと思うんですよね~。
その点、けいせつさんは職場と自宅が一緒なわけで、コミュニケーションは密にとれるわけで、伸くんやさっちゃんの幸せには、なんら問題ないと思うわけです。

だってけいせつさん自身が「ワンコの幸せ」を真剣に考えているし。
(笑ちゃんを翔ママさんに託した経緯から)

あぁ、なんだか言いたい事だけ偉そうに言ってしまいました。
失礼しました…。

ただ単純に楽しみなんです。
トトの間の今後が。
伸くんとさっちゃんが、屋上でニコニコ走り回る姿を見るのが。
4頭を2号に満載してお出かけしてる姿を見るのが(^^)










おやつ |  2014.07.12(土) 09:04 | URL |  【編集】

日々 幸せかな? って思います。

こんにちは

私は山梨の現場を見た経験から さちほと伸が羨ましいな…と思ってしまったひとりです。
自由に遊べる場所が50坪もある事にびっくり!
これからもっと広い外へ出るリハビリには羨ましいなぁーと。さちほも伸もゆっくり歩めるから。
お散歩へ行けれるようになったら お外の世界を知る事は出来ますからね(^。^)

わんこを外飼いには色々な考え方があるのはわかります。我が家も葛藤しましたし 正直今もまだまだ葛藤しています。
中には一生懸命考えて考えても どうしても家族から離れたお外にならスペースが作れるってお家があるかもしれません。
条件緩和は門戸が広くなったと思います。

私は無理をしないで 最大限の努力をして 愛情を注ぐのであれば 必ずしも「室内」でなくても良いのかな…と。







五百蔵 |  2014.07.12(土) 11:36 | URL |  【編集】

いいですねぇ~♪

ワンコ想いのコメントの数々・・・

伸もさちほも、なんて幸せなんだろうね!


私もおやつさん同様、当初は「大丈夫?」と不安でしたが
けいせつさんは、山梨の現場も見て知っているし
トトやジャニスに、あれだけの愛情を注げる人だから
きっと大丈夫! と信じることに v-421

そして、それは日を追うごとに確信に変わりました。
伸もさちほも幸せになれる!
こんなに彼らのことを想い
待ったなしで彼らのために行動する姿に
我々夫婦は惚れ直してますよ~ v-345


小林さんと話した時、環境のことが一番の心配のようでした。
山奥から出て、車や町中の音にどんな反応をするか?
人が家の前を通るたびに怯えるようなのでは?

屋上は、車や他の生活音が大音量で聞こえることもなく
いきなり知らない人が目の前を通ることもない。
彼らは、驚いたり怯えることもなく
ノンビリと時を過ごしていますね~

暑さ対策も万全ですし
雨風が激しければ、お家の中で待機できる。
更には、全天候型ドッグラン(教室)のオマケつき!
そして何よりなのは、けいせつさん自身が彼らの傍から離れないこと。
傍に居られないときは、絶えず心を向け
一緒に居れば声をかけ、撫でてやり・・・

あぁ!
我が家のワンズが聞いたら荷物をまとめ始めそうです(汗)


慌てず、ゆっくり、出来れば早く v-411
伸とさちほのライフスタイルが落ち着きますように!!
バーバMIKO |  2014.07.12(土) 17:22 | URL |  【編集】

皆さんに読んでいただきたい!!

山梨のワンコたちをずっとサポートしてくださっている夏ママさんのブログより・・・

http://yamanasiwanko.blog3.fc2.com/?no=663

山梨のワンコばかりではなく
人と人、人と動物に通じる理念だと思います。
バーバMIKO |  2014.07.12(土) 17:37 | URL |  【編集】

あみ様

あみさん
目一杯言葉を選んで
目一杯神経使って書いてくれたのが伝わります。
ありがとう。

今日はお届けでしたね。
お疲れ様でした。
あんず君幸せになりますよ(^^)
けいせつ |  2014.07.12(土) 22:49 | URL |  【編集】

パン粉様

パン粉さん、初めまして。
トトの間へようこそ(^-^)/

初めてなのにこんな形で援護してくださるなんて。
黙って見てられないタイプですね、さては(^^)

鹿島灘のハマグリは日本一ですよ。
鹿嶋にお寄りの際には是非お召し上がりくださいね
けいせつ |  2014.07.12(土) 22:53 | URL |  【編集】

ポメ子まま様

適度な距離感…これ、必要だと思うんですよね。
もちろんいつまでも距離が開いたままでいいとは思いませんが、普通に愛情をもって接していれば、縮まらずとも広がるはずはありませんからね。
早速今日も少し距離が縮まった気がしています。
けいせつ |  2014.07.12(土) 23:08 | URL |  【編集】

kaz様

地震は全く平気でした。
ありがとうございますm(_ _)m

kazさんって、トトの…ですよね?

以前もコメントで励ましてくださいました。
あの時も確か少々難しい話題になっていたと思いますが、そんな時を選んだかのように出てきてくださるなんて、本当にありがとうございます。

さちほ、きっと大丈夫です。
おっしゃる通り、もうすぐだと思います(^^)
けいせつ |  2014.07.12(土) 23:22 | URL |  【編集】

ポメ子まま様

もったいないお言葉ばかりで多少照れ臭いのですが、ここまで言っていただけて、正直とても嬉しいです。
ありがとうございますm(_ _)m

でも僕は、先にワンコ達からもらい過ぎているので、今お返しをしている最中なんです。
お礼です。

えみの事は、今度翔ママさんに頼んでみますね。
けいせつ |  2014.07.12(土) 23:29 | URL |  【編集】

るい&こうき様

夏ママさんのブログまで引用していただいて(/ _ ; )

るい&こうきさん、本当に言葉を選んでお話しくださいました。
鍵コメ様に対しては、僕も全く同じ気持ちです。

ありがとうございました。
けいせつ |  2014.07.12(土) 23:36 | URL |  【編集】

おやつ様

ご自身のことを引き合いに出してまで僕のことを援護してくださり、申し訳ない思いでいっぱいです。
本当にありがとうございます。

笑を翔ママさんに託したあの一件でさえ、見方によっては途中で投げ出したという言い方を選ぶ人もいるかもしれないのに、良い方へ理解してくださったこと、感謝いたします。

伸とさちほが屋上を出てお散歩する日もそう遠くないと思います。
これからも応援をよろしくお願いします。
けいせつ |  2014.07.12(土) 23:47 | URL |  【編集】

五百蔵様

門戸が広がり、うちでもいけるかもしれない…と思っていただける方が増えますように。
そしてそのような方々にとって、トトの間や「あきちゃんのお話」が、そっと背中を押す役割を果たせたら嬉しいことですね(^^)
けいせつ |  2014.07.12(土) 23:52 | URL |  【編集】

バーバMIKO姐さん

> ワンコ想いのコメントの数々・・・

ホントですね。
ありがたいことです。
うっすら気付いていましたが、トトの間は、写真が満載のカラフルな記事よりも、文字しかない時の方がコメント数が多いんです(^^)
皆さん真剣に読んでくださってるんですね。

慌てず、ゆっくり、なるべく早く頑張ります(^^)
けいせつ |  2014.07.12(土) 23:57 | URL |  【編集】

バーバMIKO姐さん

夏ママさん、直接メールもくださいました。
そのメールでもマザーテレサの言葉をいただきました。

これからの人生で度々お世話になりそうです。
宝物にします。
けいせつ |  2014.07.13(日) 00:00 | URL |  【編集】

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
- |  2014.07.13(日) 00:35 |  |  【編集】

鍵コメ様

初めまして
トトの間へようこそ(^-^)/

そうなんですか
ビアンカの頃から…

相模原とか、笑とか、色々あったんですね(^^)

大作と呼べるほどボリュームたっぷりのコメントで励ましていただきました。
とても嬉しかったです。

ありがとうございました。

今度は鍵コメにしないで是非また遊びにしてくださいね(^o^)/

けいせつ |  2014.07.13(日) 02:42 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://gooddogtoto.blog22.fc2.com/tb.php/799-619f7dba

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。